Endo Tech Blog

Techブログと言う名のただのブログです。

RaspberryPi3でMonacoinを採掘してみる。

最近は仮想通貨について勉強してます。
ビットコインとか、イーサリウムとかなんとかです。

でとりあえずこの本を読んで

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

少し興味がでてきた所で仮想通貨での取引を始めてみました。それが先週金曜日です。

丁度Monacoinが暴騰したタイミングだったんですが、そんなの5日前の僕は知る訳もなく

なんかモナーの形したコインめっちゃ上がってるんですけど!111超上がってるですけど!!11

と、何もしらぬまま掴んでしまいました。
朝起きたら暴落していて投資した資金が一晩で1/3消し飛んでしまいました。
典型的な鴨です。

じゃ今はどうなの?と言うと、もう1/3消し飛んでます。
泣きたい。

なのでMonacoinを掘ります。

f:id:kikuchi1201:20171019022505p:plain

もう失った資金は返ってこない現実はわかっているのですが、せめての悪あがきとして掘ってやろうと思います。10000MONA湧いてきて欲しい。とはいえ、じゃ今すぐハイスペ自作PCをを作ろうは大変なので、自宅に余っているRaspberyyPiで遊んでみようと思った次第です。

調べてみたら導入記事もあるし、この通りやっていきましょう。

環境構築

まずはLinuxで使えるcpuminerをダウンロードします

sudo apt -y install git
git clone https://github.com/tpruvot/cpuminer-multi.git

# cpuminer-multiをコンパイルする為のコンパイルツールをインストールする。 
sudo apt install automake g++ libcurl4-nss-dev libjansson-dev libssl-dev

#cpuminer-multiのディレクトリに移動する。
cd cpuminer-multi/

# cpuminerをビルドします。
 ./build.sh

ここのビルドは時間がかかるので、マイナスで表示されている資産金額でも見て、「頼む...!上がってくれ!頼む!」と考えながら待ちます。 cpuminerのビルドが終わると、以下のコマンドを打ち込んでcpuminerが作成されたか確認します。

$ ls -l cpuminer
-rwxr-xr-x 1 pi pi 1231124 10月 19 00:49 cpuminer

いますね。これでcpuminerをローカル環境に構築できました。

採掘所(Pool)に登録する。

なぜマイニングする際に採掘場(Pool)に登録するかというと、Pool上の同じ発掘者同士、徒党を組んで採掘した方が効率がよいからというのが僕の認識です(違ってたらすみません)。 このように徒党を組んで採掘するのを「プールマイニング」と呼びます。

今回は採掘場としてVIPPoolに登録して、プールマイニングしていきます。名前からして香ばしい。 この時、登録する際に自分のMonacoinアドレスが必要となっています。
こちらのMonacoinアドレスZaifとかでMONAコインの取引し始める際にも自動で付与されるそうですが、取引の為の本人確認など面倒なステップを踏んでしまうので、早く始めたい方はmonappyでアカウント登録を行なって下さい。

monappy.jp

monappyでアカウント登録が完了すると、自分のマイページにMonacoinアドレスも一緒に生成されます。
ここで生成されたMonacoinアドレスを使ってVipPoolでアカウント登録を行います。

VIP Pool - Monacoin採掘所 - Home

ログイン完了が完了するとこんな感じにダッシュボードが見えます。 この画面を見ただけでも割と「お、マイニングしてる!」感が伝わります。

f:id:kikuchi1201:20171019014821p:plain

次にワーカを作成します。 ワーカのページに移動して「新しいワーカを追加」をクリックして追加して下さい。 新しいワーカを作成後は以下の3つの値をメモしておく。

  • (a):登録時のアカウント名
  • (b):ワーカー登録時に設定したワーカー名
  • (c):ワーカーのパスワードになります

以上までがcpuminerの事前準備と、VipPoolの登録でした。

cpuminerを起動して採掘を始める。

ローカルのコンソールを再度立ち上げてcpuminerディレクトリーで以下のコマンドを実行します。 実行が成功すれば採掘が始まります。

./cpuminer -a lyra2rev2 -o stratum+tcp://vippool.net:8888 -u (A).(B) -p (C)

実行結果

[2017-10-19 02:03:08] Starting Stratum on stratum+tcp://vippool.net:8888
[2017-10-19 02:03:08] 4 miner threads started, using 'lyra2rev2' algorithm.
[2017-10-19 02:03:09] Stratum difficulty set to 32768 (128.00000)
[2017-10-19 02:03:09] lyra2rev2 block 1137162, diff 30844.430
[2017-10-19 02:03:22] CPU #3: 5.23 kH/s
[2017-10-19 02:03:22] CPU #2: 5.22 kH/s
[2017-10-19 02:03:22] CPU #0: 5.21 kH/s
[2017-10-19 02:03:22] CPU #1: 5.20 kH/s
[2017-10-19 02:03:24] Stratum difficulty set to 256 (1.00000)
[2017-10-19 02:03:24] lyra2rev2 block 1137163, diff 35557.649
[2017-10-19 02:04:09] CPU #1: 4.75 kH/s
[2017-10-19 02:04:10] CPU #0: 4.75 kH/s
[2017-10-19 02:04:11] CPU #2: 4.74 kH/s
[2017-10-19 02:04:11] CPU #3: 4.74 kH/s
[2017-10-19 02:05:19] CPU #1: 4.09 kH/s
[2017-10-19 02:05:19] CPU #0: 4.12 kH/s
[2017-10-19 02:05:20] CPU #2: 4.13 kH/s
[2017-10-19 02:05:20] CPU #3: 4.14 kH/s
[2017-10-19 02:05:24] lyra2rev2 block 1137164, diff 33248.192

なんかそれっぽい動きをしているlogが出てきましたね。

因みに2コアつかってcpuminerを起動する場合は-t 2をつけてあげる事で実行する事ができるそうです。

./cpuminer -a lyra2rev2 -o stratum+tcp://vippool.net:8888 -u (A).(B) -p (C) -t 2

見た感じだと3.73 kH/sと言う事で恐ろしく低いパワーで計算している事が理解できます。

イメージとしては周りが掘削機とかでガンガン掘ってるなか、僕だけ先割れスプーンでせっせと削ってるイメージでしょうか。 ギャグか。
まぁそんな感じ本格的にマイニングするには程遠いですが、趣味程度ならこれでも十分マイニングしてるので満足です。
わりと環境構築も詰まる所もなく、すぐに実行できたので勉強でやってみるなら良い題材だと思いました。

おわり

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

熱意と自惚れと運しかない。

熱意と自惚れと運しかない、それしかない」

 

これだけ聴くと本当にどうしようもない浮浪者なイメージしか湧いてこないのだが、実際僕の気持ちはいつもそんな感じである。

どこに執着するわけでもなくフラフラと、その時の熱にまかせて行動をしている。

 

この熱というのは時々変わる、それは時にDaft Pankかもしれないし、デザイン思考かもしれない、はたまた唐突に思いついた服を試着できるサービスかもれないし、Laravelかもしれない。

 

とにかく熱に取り込まれると大変だ。

何かに取り憑かれたたように熱意の衝動に襲われて、それが出来るか出来ないのかもわからないのに、根拠なき自信だけは沸騰した水のようにボコボコと湧き出てくる。

だから何がなんでも痛い目に合うまでは続ける。

 

そうなると結果的に主観と根拠なき自信によって自分の頭の中だけの最高な城ができる。外から見ればそれは石コロに過ぎないのだが、それが本当に石ころなんてのも自分じゃわからないから、とりあえずアウトプットする。石でもいいからアウトプットする。

アウトプットしたら周りから評価が貰えるので、実は石コロじゃなかったのか!と気付いて磨く。大分磨いた後は頭から熱が引いているので、また別の熱を探しにいく...。なんてのを延々と繰り返している。どうしようもない。

 

そんなどうしようない感じで23年生きてきた。

それでもここまで来れたのは運の強さだろうと思っている。

 

実は最近、この「運」は「人」に置き換えられれんじゃないかな?と思い始めた。

こういう事をしていると、普通はどこからか横槍をなげてくる人がいてそういう人に潰されそうになるのだが、そういうのを見て逆に心配したり、手を伸ばしたりアドバイスをくれたりする人がいる。

 

昔はもう少しクソ真面目に横槍を頑張ってキャッチして、ちゃんと綺麗に返していたのだが最近はもう横槍を喰らいながら歩いている気がする。或いは僕が気付いてないのか。

 

なぜかって僕にはそれを気にする暇もないぐらいに今、熱意を持って取り込む事があって、どうしようなく自惚れているので、それに対して全力でアクセルを踏むことができる。そして運よく誰かが「そこはもう少し右に曲がったほうがいいよ」っと教えてくれる。

 

本当はこの「そこはもう少し右に曲がったほうがいいよ」は、自分で気付くべきなのだがそれを考える度に孔子の「子曰く、吾十有五にして学に志す」を思いだしては、「まぁ孔子が40でやっと一人で迷わず行動できたんだから、それまではあっちこっちぶつけて勉強しよう俺」っという、いつもの上から目線で痛い目に合いながら行動しようという気持ちである。

 

なので今後もこの熱意と自惚れを捨てずに前に出て行動するという事を改めて表明するという意味で書いてみました。

 

そんな訳でエンディングにDaft Punkの「Get Lucky」を聞いてお別れてです。

 

どうぞ

 

Daft Punk - Get Lucky (Full Video) - YouTube

 

おわり

勉強会で登壇したり、京都行ってました。

久々の更新です。

7月は大事なイベントがいくつもあって、その度に「ブログ書くぞ!」っと思ってたら別のタスクが重なって、結局書けない状態になってたので、builderscon参加したり京都いったり等の近況報告も含めて一気に紹介します。

f:id:kikuchi1201:20170814111600j:plain

続きを読む

Laravelの初心者向けチュートリアルを翻訳した。

f:id:kikuchi1201:20170704080937p:plain

近況です。

先週ぐらいから「LaravelのLTのネタがない—–Yes!!!」とぼやいていた時に僕みたいなLaravel初心者向けの手軽な簡単なチュートリアルを作りたいと思いついて、色々インターネットを駆け回った所、幾つかのチュートリアル記事に出会いました。

続きを読む

福岡研修一人暮らしKPT

はじまり

という事で反省の意味も込めて、なぜこうなってしまったのかを真面目に振り返りします。 振り返りの材料としては、主に食事(自炊)や家計簿アプリでの支出額品目で判断します。

続きを読む

GMOペパボ株式会社に入社しました。

f:id:kikuchi1201:20170515234746j:plain

5/7日に福岡研修で東京から福岡の天神に飛んできて1 週間程たったので、その振り返りです。...の前に大事な報告がありました。

 

GMOペパボ株式会社に入社しました!!!!

 

続きを読む

minneのハンドメイドマーケット 2017に参加した。

f:id:kikuchi1201:20170428164135j:plain

minneのハンドメイドマーケット 2017」に参加しました。

2日間ある内の初日(4/28)にスタッフとして午前中は誘導して、後半の夕方は普通にイベントの参加者兼スタッフで、会場をうろうろしながら眺めてました。

 

続きを読む