Endo Tech Blog

Techブログと言う名のただのブログです。

Mastodon 楽しい。インターネット楽しい。

Mastodon 改めマストドン始めて3日程たちました。

めっちゃ楽しい。

最高 is 最高でしかない。

今見たらもうこんなツールも出てきてる。波来てますね。

 

Mastodon 鱒丼君 masudon-kun - Themes and Skins for Mstdn - userstyles.org

 

f:id:kikuchi1201:20170414160837j:plain

 

始めて2chにアクセスして、とりあえず「こんにちは」って書き込んだら「氏ね。半年ROMれ。そして氏ね」って理不尽に返された記憶が蘇りながらやってて、久々に楽しいなぁって言う気持ちです。

いいですね。このぐらいフランクに呟いた方が楽しいですし、気が楽です。

 

続きを読む

GMOペパボでのエンジニア アルバイトで経験した事を語る。

大分時間が経ってしまったのですが、この記事は去年の7月の終わりから、12月の中盤まで約4ヶ月弱、株式会社GMOペパボでエンジニア職の内定者アルバイトとして働いた事に関する記事です。

 

僕の前にも以前、ペパボでエンジニアとしてアルバイトで働いていた新卒6期生のスンさんが書いた記事もあるので、良かったらこちらもご覧下さい。

 

tech.pepabo.com

 

続きを読む

株式会社はてなに入社しました。

株式会社はてなに入社しました

株式会社はてなに入社しました - hitode909の日記

 

ラッパーとして、盛りに盛り上げていこうと思います。

プログラミングとの出会い。

f:id:kikuchi1201:20150707190636j:plain

 

中学3年から高校1年生にかけての話だ。

僕の家は余りゲームをやらせてくれる環境でもなければ、それが平気で許される環境でもなかった。1番にこれが伝わるエピソードで言うと、我が家ではTVはリビングに1台しかなく、21時以降TV禁止令が発令されていた。

しかしそこはヤングな若者として

「そんな理不尽な圧力に負けてたまるか!21時以降とかTVで一番おもしろい時間帯だろうが!月9ドラマとか水10!とか...抵抗だ!絶対抵抗する!」

 と言った感じで反抗するのがTV子の若者だろうが、ゲーム子の自分のとってその抵抗は

「核戦争後のキャピタルウェストランドサバイバルし、12世紀のエルサレムにタイムスリップしてアサシンとして悪を打ち倒し、トラクターにC4を貼り付けて戦車に突っ込む。」に相当した。

続きを読む

【翻訳】"手段"は"本質"よりも早く廃れる。

この記事は“How” ages faster than “Why”の著者であるAbdul Nimeri氏の許可を頂いて翻訳しています。

続きを読む

橋本からの年賀状がこなくなった。

 

 

f:id:kikuchi1201:20170119121601j:plain

 

橋本は僕が高校時代3年間を共にした友人である。

ここでの友人の定義とは

知り合い ノートを借りる関係<ゲームが貸せる関係<  友人(橋本) < ゲームが返ってこなくなる関係 < 親族

とする。

 

つまりは、橋本はゲームを返してくれる程度には礼儀が正しく、友人であったといいたい。だからと言ってゲームを貸しあった事は一度もない。なので「それでは余り仲が良くないのでは?」と言われると、実は疑わしいのだが。

 

まぁでも、少なくとも3年間は一緒にクラスに居て、共に同じ教室で時間を過ごしたのは変わりようがない。彼は室長(クラスのまとめ役)と言う、あだ名があった。

実際、もし世の中で「室長グランプリ大会 in 千葉」とかあったら、決勝に残ってもおかしくない程に室長であった。しかし、恐らくそこで勝ち進んでも、関東予選で敗退してしまう程に、やる気はなかった。真面目だが、変な所でやる気がない。それが橋本だ。

 

続きを読む

2017年の抱負。

f:id:kikuchi1201:20170101092605j:plain

あけましておめでとうございます。
2016年の総括は前半の50%就活と、後半の40%アルバイト、残り10%は大学関連の受業や試験で総括できてしまうほどにひたすらに走ってました。 特に後期の平日は日中働いて夜は大学で受業を受ける生活リズムで、家では「お風呂にする?ご飯にする?オフトォン?」を繰り返す場所でしかなかったと思います。

走りながら、途中で京都に勝手に行ったり、初めてフェスに参加してみたり等、余裕があるのか、ないのかよくわからないですが、今年からはいよいよ社会人になり、webエンジニアとして新人研修が始まります。より一層忙しくなると思いますが、「忙しい時にこそ勉強をする」を念頭に外部勉強会の参加やカンファレンスに参加し、Qiitaや Blog等で積極的にアウトプットを増やして行こうと思います。

続きを読む