Endo Tech Blog

Techブログと言う名のただのブログです。

Laravel Meetup Tokyo Vol.11で「Laravelを使った既存WebサービスのAPI化」について発表してきました

laravel-meetup-tokyo.connpass.com

 

発表してきました!

資料はこちらになります。

 

speakerdeck.com

 

続きを読む

【翻訳】Laravelを5.6から5.6.30にアップグレードする(Security Release)

Laravelのセキュリティリリースがアナウンスされました。

laravel-news.com

このセキュリティ修正が入るverは5.6.305.5.42です。

記事によるとアプリケーションの暗号化キーである APP_KEYが悪意のある第三者に渡ってしまった場合に起きるという事なので、大前提としてAPP_KEY流失させない and もし流失してしまっているなら暗号化キー変更するようにして下さい。

なお、readoubleでもアップグレード方法が日本語で記載されているのでこちらもご覧下さい!

アップグレードガイド 5.6 Laravel

以下はLaravelNewsの記事の翻訳とアップグレードガイドの紹介です。

続きを読む

P1の2次審査で落ちたので振り返りをやろうと思う

いつものKPT振り返りをやる。

悩んだらKPTである。

P1 2次審査KPT振り返り

K
  • 時間通りに発表が終える事ができた。
  • ストーリを付けてプレゼンする事ができた。
  • 資料に図を使ってわかりやすく説明するようにした。
  • 5分のプレゼン時間の間にサービスの魅力については時間をかけて説明する事ができた。
  • 数字での説明が足りなかった。
  • 市場の売上、ユーザの数、サービスリリース後の売上など説明が足りなかった。
  • 審査員からの売上に関する問題を指摘されて、普通に「いや、これ売上どうしたらいいでしょうね」と自分でも同意してしまったし、実際その問題を有耶無耶にしてプレゼンしてしまった。
  • 調査不足、特に数字。
T
  • 数字に強くなる。
  • 具体的には、市場の数と売上の見込み、この数は絶対にスライドに含めた方がいい。でなければ、本当に頭に中にある理想を喋ってるだけなので、現実感が沸かない。
  • 実現が可能であるという根拠を入れる。
  • それを会社でやる根拠を入れる。

 

以上。

 

どうでもよくない余談

続きを読む

MAMORIO FUDAを使ってみた。

以前、社内で防災ヘルメットを無くすという、もう2度起こしたくないインシデントを起こしその事をブログにぶちまけた所、大変恐縮(?)な事にMAMORIOの中の人からDMが来て「ユーザインタビューをさせて欲しい」という依頼がきました。

 

 

kikuchi1201.hateblo.jp

 

続きを読む